床下地熱利用のリフォームについて/床下断熱工事・外壁・窓・断熱住宅は東京・埼玉所沢市|B・Kプロダクト

HOME > 床下地熱利用のリフォームについて

床下地熱利用のリフォームについて

断熱住宅について

yoka02.jpg

日本の既存住宅の95%は断熱性能が不十分です。
1999年(平成11年)に改正された、
次世代省エネ基準を満たしている住宅は、わずか5%にすぎません。
夏は家の中で汗だらだらになり、
冬は洗面所でぶるぶる震え、その結果ヒートショックにより、
交通事故より多い死者を出しているのです。
何千万円も出して建てた大切な家なのに、
これっておかしくないですか?

しかし!!
BKプロダクトの地熱利用による断熱リフォームで、
既存の住宅を、簡単に快適・省エネ住宅に改善することができます。

床暖冷房システム

床暖冷房システム

YOKA使用時の室温測定の実例

夏の場合

YOKA使用時の室温テスト

上記グラフで、外気温度は最大34.5℃ですが、クーラーなしでもほぼ28℃に保たれています。

豊島区 木造2階建 1階室内温湿度 床面積:1階70㎡(約21坪)
リビング・ダイニング・キッチン 間仕切りなし
エアコン6帖用1台使用   外気温34.5℃(最高)

冬の場合

YOKA使用時の室温テスト

上記グラフで、暖房なしでもほぼ15℃に保たれています。

一般住宅(非断熱)の冬場の室内の変化

一般住宅(非断熱)の冬場の室内の変化

この温度変化の激しさではとても健康に過ごすことは困難なのでは?
(1階LDKの計測例ですがトイレ、洗面所、廊下は5度以下になってることが想定されます。)

このページのトップへ